Webマーケティング業界のキャリアパス。年収上げたいならここを目指そう

Webマーケティング転職
スポンサーリンク

こんな方のために記事を書いたよ👌

・Webマーケティング業界で働いていて、今後のキャリアに悩んでいる方
・Webマーケティング業界にこれから転職予定で、どんなキャリアパスがあるのか知りたい方
・Webマーケティング業界で年収を上げる方法を探しているWebマーケター

4年目ボーイ

Webマーケティングの会社に新卒で入ってもうすぐ4年…。スキルはついてきたし仕事は任されるようになったけど、給料上がらないし、4年間ほとんど毎日同じことばかりやってるし、会社のことは嫌いじゃないけど今後のキャリア悩むわ…。年収も微妙だし社内だとこの辺の話しにくいし…。(ブツブツ

独立起業先輩

 

あら、ボーイ。浮かない顔してどうしたの?恋人にフラれた?

独立起業先輩!!!お久しぶりです!立ち上げられた会社、順調そうですね!
悲しいかな恋人はいないのでフラレてはいないです…。ただ、今後のキャリアに悩んでおりまして…。

 

なるほどね。まぁ、それくらいの年ならあるあるね。
どんなことで悩んでるの?

前までいらっしゃった先輩もご存知かと思いますが、うちの会社、若手が多いからこの人みたいになりたい!みたいなキャリアを描いてる先輩がいなくて。
かと言って、会社外で先輩以外にお手本になるようなキャリアに進んでる人もおらず…目指す方向性に悩んでる感じですね。

リーダーになったのに年収も大して上がらないし…なんなら付き合い増えて貯金減ってるし…年収…ほしい…所得…(ブツブツ

あるあるすぎるわね。そして年収、切実に増やしたそうね。笑

それなら、Webマーケティング業界の先輩として、Webマーケティング領域で年収をアップするキャリアパスを紹介するわ。
その方が目指すべき方向性も見えるでしょうし。

やったー!オナシャス!!!

Webマーケティング業界の年収ってざっくりどれくらい?

もちろん規模によっても違いますが、各種求人サイトや自己の経験、エージェントに聞いた話を参考にするとざっくりこれくらいだそうです。(ちゃんとした統計データではないのでご了承を!)

新卒:300万~420万

第二新卒:330万~550万

リーダークラス:500万~700万

マネージャークラス:550万~800万

ゼネラルマネージャークラス:650万~900万

役員クラス:750万〜

 

等級式だとだいたいこんな感じです。

年代ベースで(主観で)書くとこんな感じのイメージです。

20代前半:300万~500万(平均:330万~360万くらいの印象)

20代後半:350万~750万(平均:370万~550万くらいの印象)

30代前半:400万~1500万(平均:500万~700万くらいの印象)

30代後半:500万〜2000万(平均:550万~750万くらいの印象)

40代前半:550万〜2000万(平均:600万~800万くらいの印象)

40代後半:600万〜2000万(平均:650万~850万くらいの印象)

50代〜 :650万〜2000万(平均:650万~850万くらいの印象)

 

Webマーケティングの世界は若い会社が多く、年功序列ではなく実力の等級ベースの考え方が多いので、あくまで参考程度にご覧ください。
ベンチャーだと20代でも年収800万超えとかはよくある話ですし、大手だと役職につけば30代で1500万超えとかも現実味がある話です。
そう考えるとなかなか夢のある業界なのかもしれませんね。

実力主義だからこそ稼ぐ人はめちゃくちゃに稼ぎ、そうでもない人との差は大きくなる世界なんよ。でも平均的な年収としては他業界と比較してもWebマーケティング業界は高い方でしょうね。

 

 

あくまでも会社内での収入であり、副業や不動産や株式投資などによる副収入は含みません。
プラスオンで副業をやってたら、収入的にはさらに増えるでしょう。
Webマーケティングの世界は原価をかけずに、高単価の副業をしやすい世界なのも魅力のひとつ。

👇Webマーケティング系副業に興味ある方は以下の記事もあわせてどうぞ〜!

【月30万も】Webマーケティング職種の人におすすめの副業

副業でSEOで稼ぐためのシンプルな方法✊

Webマーケティング業界で年収を上げるなら目指したいキャリア

Webマーケティング業界で年収を上げるためにはどんなキャリアを目指すのがいいのかをまとめてみます。

ざっくりとまとめると、会社員として出世するか、自分で独立するかの二択です。

Webマーケティング業界のキャリアパス①支援会社の経営層

SNSやリスティング広告の代理店やSEOのコンサルティング会社などは一般的に事業会社を支援する会社=「支援会社」と呼ばれることが多いです。

いわゆるクライアントビジネスの会社ですね。

「自分で世の中を変えるような事業をやるぞ!」という人より、「がんばる事業会社の人たちがきちんと成果を出すための仕組みを最適化したい」というタイプの人や、「何をやるか」より「誰とやるか」を大事にするタイプの人が多い印象ですね。

支援会社はあるスキルを狭く深く尖らせるのに向いている会社です。
逆に言えば、事業会社ほど広いマーケティングには携わりにくいというデメリットがあります。

社内で成果を残し、プレイヤーからマネージャーとして経営に絡むレベルまで登り詰め、人事サイドや管理部門、株主とのやり取り等も担ういち経営者を目指す。最も難しくも最も年収は上がりやすいキャリアパスです。

プレイヤーとしてのキャリアを歩む場合、多くの会社だとどうしてもマネージャーの方が給与面で評価されやすいので、独立・起業するパターンが多いです。

人を応援する仕事をやっている、今の会社を最大限成長させたい!という人にはこちらのキャリアがおすすめね。

新卒で入って楽しくやってるタイプの人がこうなったら、その会社は長く働ける環境ってことね。

Webマーケティング業界のキャリアパス②事業会社のCMO

前述した「支援会社」のお客さんである「事業会社」でキャリアパスを歩むのであれば、持ち前のマーケティング力をどんどんスキルアップさせ、「CMO(Chief Marketing Officer=マーケティングの最高責任者)」を目指すことをおすすめします。

すなわち、自社のプロダクトが最も売れるための仕組みを考える人です。

Webサービスの会社であっても、Webだけでなくマスやリアルイベントなど様々な施策への理解と戦略設計の能力が必要であり、売り方だけでなくゼロイチでの商品の開発・設計をする能力も必要となります。

これは支援会社でも同じことは言えますが、年収の高い大手になればなるほど昇格のためには単純な営業成績やマーケティングでの成果だけでなく、社内政治的な能力も必要となってきます。

マーケティングを広く深く極めたい!社内でプロダクトも作りたい!という方におすすめなのがこちらのキャリア。

事業会社の方が支援会社より独特のカルチャーがあったり、社内で上手くやる能力は必要なことが多い印象ね。(あくまで印象やで)

 

 

Webマーケティング業界のキャリアパス③起業

自分でサービスを作りたい!という人や、自分の理想のチームを作りたいという人、会社ではなく自分ならではのやり方で経営をしたい!という人に向いているのは起業です。

既存の組織では難しい物事を成し遂げるため、夢のため、チャレンジのためにリスクをとって法人として事業を起こす。最もハードながらも最も年収が上がる可能性があるとも言えるキャリアです。

具体例としては

・支援会社でスキルアップして退職→自分で支援会社を創る、自分でサービスを創る

・事業会社である事業のトップになる→子会社化して独立

などのパターンがあります。

自分の力とアイデアでめっちゃ稼ぎたい!チームで最高のサービス作りたい!という方におすすめなのがこちら。

一番ハードな道かもですが、一番楽しい道とも言えるでしょう。

Webマーケティング業界のキャリアパス④フリーランス

法人として決められたチームである事業についてやっていくというよりも、自分で取引先や働くメンバーを選んで働きたいより時間や場所による制約がない状態で働きたい、という方におすすめなのがフリーランスとしての働き方です。

僕はこれなんですけど、単純に年収を短時間で上げるという意味では起業や社内昇格よりはかなり難易度が下がるのではないかと思います。(会社員より税金がかかるなどのリスクは把握する必要はあります)

Webマーケティング会社で働きながら、本業でのスキルを活かした副業を始めて、その後副業をメインとして独立する人なんかも最近よく見ますね。そして、事業を拡大化させるために組織化して法人化させる、というパターンも多いです。

最近だと、副業での働き方もOKなフリーランス向けの案件紹介サービス(しかも普通に週2で30万とかもある)なんかもあるので、本業以外でも可能性を追究したい方はチェックしてみるといいでしょう。

👇Webマーケティング系副業についてセコセコまとめた記事はこちら

【月30万も】Webマーケティング職種の人におすすめの副業

👀🌸Webマーケティングでゆるっとフリーランスとして独立するための方法

 

時間や場所にこだわりすぎず、自由度の高い働き方をしたい!という人におすすめのフリーランス。
起業や出世よりは難易度は低いんじゃないかと思うわ。

個人的には副業からスタートするのをおすすめするわよ。

 

 

Webマーケティング業界のキャリアパス⑤大手への転職

これまでは出世や起業系のハードな内容を説明してきましたが、「ハードル高いねんこら!」という風に感じた方も多かったはず。(すんません)

ということで、より難易度が低く、同世代の中でもいい感じに年収アップ方法もお伝えすると、おすすめは大手企業への転職です。

 

大手=給料がいいわけではありませんが、事業会社の中でもサイバーエージェントやDeNAなどの大手は若くても年収600~700万くらいは行きますし、支援会社でも電通や博報堂に行けば800万や1000万を稼いでる人たちがゴロゴロいます。

またWebだけでなくマス領域など幅広いマーケティングを学ぶこともできるでしょう。

もちろん、お金がすべてではありませんが、家族を養うことや、自分で事業を立ち上げるためのスキルや人的資本を作るためにも、ある程度名前の知れている大手企業に転職して第一線のマーケティングを学ぶ、というのはアリだと思います。

キャリアを逆算して考えるのは難しい!やりたいことなんてない!という方は、ある程度のスキルアップや年収が保証される企業に入るのを一つの目標にするのは良いと思います。

やりたいこともできず、スキルもそんなにつかず、年収も低い…という状況に居続けるのは流石につらい…。

それだったらある程度そういった条件面が見込める会社に転職することを目標にする、というのは現実的な話アリだと思うわ。

 

 

 

Webマーケティングのキャリアパスに悩んだらまずは棚卸しをしよう

キャリアの話というのは、答えはありません。

今回は「年収を上げるためのキャリア」という切り口で語りましたが、当然年収がすべてではありませんし、結婚や出産、体調面などなどお金以外の要素もライフステージに応じて様々な要素が絡んでくるはず。

「自分、なんで今の仕事やってるんだろう…」

「今後の人生どうしよう…」

「やりたいことない…でもできれば楽して稼ぐ仕事は知りたい…」

 

なんて少しでも考えることがあれば、まずは客観的にキャリアの棚卸しをすることをおすすめします。

 

職場の同僚は何かと言いづらいこともあるので、まずは身近な友達や家族に相談するのもいいでしょう。

 

僕は、「自分のことを深く知っている友達」「自分のことを全く知らないキャリアの専門家」に相談することを心がけました。

前者には心理的に背中を押してもらい、後者には具体的な方向性を明確にしてもらいました。

 

最後に、僕のことを全く知らないながらも役立つアドバイスをくれた転職エージェントさんをいくつか紹介しときます。

仲良しのエージェントさんとは、フリーランスになった今でも連絡をとったり、客観的にキャリアのコンサルティングをやってもらったりしてます。
自分のことを客観的に見るのって想像以上に難しいので、転職を直近するつもりはなくても助かってます。
独立したときほど、客観的な壁打ち相手大事。自分の市場価値がわかります。

転職をしろとか、フリーランスになれ、起業しろ!というわけではありません。
(言い方はアレですが)自信のキャリアと向き合うためのツールとして一度キャリア相談をしてみて、得るものは多いと思います。

Web業界で早く転職したい → ギークリー
Web業界を広く見つつ、すぐではなく長い目で見て転職したい → ワークポート
Web業界以外も見て転職活動したい → doda

 

餅は餅屋、業界についてやキャリアについて客観的に考えるなら、やっぱり彼らはすごいんです。

もし何かあればお問い合わせページから気軽に連絡くださいね〜!