【2018年6月18日】大阪の地震発生時に感じたWeb上の情報収集の問題点について

ライフハック
スポンサーリンク


今日、大学時代に多くの時間を過ごした大阪で、マグニチュード6超えの大きな地震が発生した。

死傷者が300人以上の、阪神・淡路大震災以来の大きな地震となった。

不幸中の幸い、と言ったら不謹慎なのかもしれないけど、目を閉じたら顔の浮かぶ友達はみんな無事だった。過去の経験もあり、それぞれがパニックや恐怖を抱えながら今日を過ごしたのだろう。怖かっただろうけど、みんなが生きててくれて本当に安心した。

Web業界で生きる人間の端くれとして、今回の地震が発生してから、Web上で情報収集をする際に色んな課題があるなーと感じたので、ログとして残しておく。

震災直後、SNSに役立つ防災・避難情報が流れてこない問題

地震直後のTwitterのタイムライン

大阪地震が起こった後に、すぐにどんな対策ができるのかを調べよう!と思って、ツイッターを開いた。

しかし、タイムラインに流れているのは、以下のような内容ばかりだった。

  • 震度●の地震が起こったという速報系ニュース
  • 地震だ!という反射的なつぶやき
  • 被災地の方への心配の声
  • その他のニュースや通常投稿

ほとんどが上記内容で埋め尽くされており、「地震が起こったからこんな対策をしよう!」といった防災情報や避難情報がちっとも流れてこないのである。

しかも、マッチングアプリの広告と色んな情報が錯綜して、相当カオスな状態だった。

地震直後のFacebookのタイムライン

続いて、Facebookを開いてみた。

以前、地震が起こった時に、「●●さんの無事が確認されました!」というログイン時にそのエリアにいた人の安否がわかる機能があったが、震災直後はこの機能は導入されていなかった。

結果的に、こちらの機能が導入されたのは地震発生から3,4時間以上後だったと記憶している。

震災の2,3時間後から被災者以外の方による防災情報がシェアされるようにな理、3,4時間後くらいから被災者の方の投稿も見られるようになった。

地震直後のInstagramのタイムライン

続いてInstagram。

こちらも、地震発生後は現地の人の投稿がほとんど見られなかった。

4,5時間経ってから、ストーリーズに生々しい家屋の倒れた様子がアップされていた。

各SNSで一番フォトジェニックなInstagramが、最もショッキングな媒体となった。

Facebookを覗くと、「神戸のトラウマがあるので、 InstagramやFacebookで家屋の写真を載せないで!」という投稿が上がっていた。

防災情報はアップされていなかった。そういうSNSじゃないんだな。

地震直後のLINEのタイムライン

結論、LINEのタイムラインが一番コミュニケーションツールとして余計な情報がないなーと感じた。

無事を確認する人と、そこにコメントをする人のシンプルなコミュニケーションがあって、掲示板のような機能を果たしていた。

ただ、防災情報は流れていなかった。

防災情報がSNSで流れるにはある程度のタイムラグがある

Twitter→防災情報をキャッチしようにも他の不要情報や広告によって流れてしまう。震災時はどうでもいい情報が入らないようにアルゴリズムなんとかして欲しい。
Facebook→投稿ハードルが高いからか、意外と地震直後でも防災情報が流れない。また、安否確認機能が導入されるにはタイムラグがある。少し時間が経つと現地の人の投稿が表示されるようになる。
Instagram→地震直後にはマッチしない世界観のアプリだからか、使用されない。連絡手段としてもおそらく他のアプリを使う。
LINE→掲示板のような機能を果たす。ただ、多くの人がLINEのタイムライン自体を日常的に使う文化があまりないからか、防災情報は流れてこない。

SNSの特徴としては上記のようなものがあると感じた。

いずれにせよ、きちんとした防災情報をSNSでキャッチアップするのは意外とハードルが高いと感じた。

そこで、ググればいいのではないかと思い、Googleでいくつか防災系検索クエリを打ち込んで調査してみた。

検索エンジンで調べても信頼できるサイトがヒットしない問題

「地震直後 行動」「地震が起きた時 行動」などのクエリを打ち込んでみたものの、検索結果上位に出てくるのは、アフィサイトや個人ブログ、キュレーションっぽいオウンドメディアばかりだった。

それらに次いで、行政のサイトが上がっているものの、情報量としては圧倒的に個人サイトの方が多く、デザインとしても見やすかった。

Googleは健康医療情報に関するアルゴリズム変動は活発に行なっているが、防災領域は手つかずなのだと実感した。

SNSも検索エンジンも頼りにくい状況で、どうしたらいいのかを少し考えてみた。

地震直後の情報収集方法について

前提として、ネット環境にあり、無事であること、余震に備える必要がある状況で情報収集をするというシチュエーションを想定する。

方法①ネット環境になくても使える防災系アプリをダウンロードしておく

今回感じたのが、信頼できそうな情報を調べる時間って結構かかる ということ。

すなわち、信頼できる情報をあらかじめ、身近なデバイスにインストールしておけばいいのだ。

地震直後に、Buzzfeed Japanが、「東京防災」という防災マニュアルをベースにした防災記事をすぐに配信していた。流石はBuzzfeedだと思った。

この東京防災というアプリは、デザインもよく、緊急モードでも使用可能だ。

まずはこれをインストールしておこうと思った。

方法②震災時にチェックする信頼性の高いTwitterアカウントを記録しておく

地震が起こった時に、情報が爆発するのは防げないとして、その中でいかに信頼性の高い情報を掴みにいくかが鍵だと思った。

今回のBuzzfeedや省庁のアカウントなど、信頼性の高そうなアカウントをフォロー、リスト化しておき、いざという時の最新の動きの参考にするというパターン。上手く覚えておけば…。

方法③防災情報をスクショして「防災」画像フォルダに格納しておく

信頼性の高そうな防災情報をスクショで撮っておき、フォルダ化しておく。

ネットが繋がらなくてもすぐに確認できるので、アナログだけど結構いいかも。

方法④防災情報をPocketやEvernoteに登録しておく

PocketやEvernoteネット環境下にいなくても記事や情報を確認できるアプリ。

信頼性の高そうな記事情報やツイートをストックしておき、見られるようにしておく。

前提として必要なのは防災知識!

前述した4つの方法はあくまでも対処療法。

本来であれば、地震発生後に情報収集しなくてもいいような知識と備えを持っていくことが大事。

東京防災を読むなどして緊急時の知識を身につけておくこと、そして、その知識を家族や友達に伝承しておくこと。

当たり前だけど、上記のような防災時の行動を取れるようにしておくのが一番の防災になるのだと思う。

ちょっとパンチ弱いけども。

まとめ

僕は防災の専門家ではないし、Web上の知識だってその道のプロに比べたら屁みたいなもの。

それでも、Web業界の人間の端くれとして、大阪で青春を過ごした人間として、その日のうちになんかしらを記録しなければと思って23時にこれを書いている。

インターネットが防災をきちんとブーストさせるツールになりますように。

コメント