SEOコンサルタントへの転職ってどう?仕事内容、年収、資格、必要スキルなどについて

Webマーケティング転職
スポンサーリンク

元SEOコンサルタントが、自身の転職体験談をベースにSEOコンサルタントの仕事内容、年収、必要スキルなどについてペチャクチャ語ります。ペチャ。クチャ。
似たような職種、SEOアナリストについての経験もこちらに書いているので、合わせてどうぞ!

【体験談】SEOアナリストへの転職ってどうなん?仕事内容や年収や必要なスキルは?

SEOコンサルタントにそもそもなんで転職したん〜?って話はこちらからどうぞ!
【志望動機あり】事業会社Webマーケターの僕が第二新卒でSEOコンサルタントに転職した理由

初めに、お前は誰やねん?

どうも、元SEOコンサルタントです。

元々事業会社のWeb担(SEOに専門性があったわけではない)でしたが、20代のうちに一生使えるような「コンサルティング能力」「専門性・市場価値の高いWeb知識」を身に付けたい!と考え、転職エージェントを使ってWebマーケティング会社に転職しました。

その中で、SEOコンサルタントとして修行し、現在はフリーランスでWeb周りのお仕事をやっています。

今回は自身の体験談や業界で働いて感じたことをベースに「SEOコンサルタント」について語ります。

Webマーケティング業界にすぐ転職したいって方はとりあえずこちらの記事をどうぞ

SEOコンサルタントとは?何すんねん?

「SEOコンサルタント」とは、SEOコンサルティングによって、顧客のWebサイトのオーガニックトラフィック(自然検索流入)を伸ばし、売上に繋げてサービスを成長させるためのコンサルタントのことです。

SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)のことを指します。

簡単に言うと、GoogleやYahooなどの検索エンジンにおいて、広告費をかけず、自然にユーザーに検索されるようにするための対策することです。

そんなSEOを通じて、クライアントの集客課題を解決するコンサルタントを「SEOコンサルタント」と呼ぶのです。

※どうでもいいですけど、ここまで打ってたら鼻血が出てきました…なんでや…

検索エンジンを制するものはWeb集客を制す!…わけではないですが、めっちゃ大事です。

 

 

SEOコンサルタントとSEOディレクターの違いって何?

求人サイトなどを見かけると、募集職種欄に「SEOコンサルタント」と書かれているパターンと、「SEOディレクター」と書かれているパターンを見かけることがあります。

明確な定義はないのでイメージ論で恐縮ですが、

「SEOコンサルタント」=クライアントに対してのSEO課題の解決をするマン
「SEOディレクター」=インハウス(自社)でSEO対策を進めていくための舵きりマン

といった印象です。

まあぶっちゃけ同じです。

 

 

SEOディレクターはWeb制作会社のSEO周りをウォッチして進めるディレクターを指すこともあります。

他にも「SEOスペシャリスト」や「SEOマーケター」みたいな肩書きもよく見かけますが、事業体によってニュアンスがちょっと変わるくらいで、だいたい上記のどちらかの意味合いです。

この辺はなんとなく豆知識程度に覚えておいてください。

※鼻に豆みたいなティッシュを突っ込みました。

SEOコンサルタントに転職するには資格は必要なの?

いらないけど、短期で集中的に勉強するならありやで。

 

 

SEOコンサルタントに転職するのに資格は必要ありません。

しかし、取っておくと役立つSEO系民間資格はいくつかあります。SEOに携わる人は忙しいことが多く、体系的に勉強することって意外と少ないので、効率的に知識を得たい方にはオススメです。

「SEO検定」、「認定SEO検定」、「Web解析士試験」、「SEOマーケティングアドバイザー」などがあります。

SEOコンサルタントになるのに資格は必要ないですが、レベルアップのためにはあるといいと思います。実際に資格を持っている人はそれほど見たことはありませんが…。

SEOコンサルタントの普段の仕事内容って何すんねん?

SEOコンサルティング会社によっても多少は変わると思いますが、基本的には以下のようなフローです。

営業→受注→分析→提案→効果測定→分析→提案…(以下ループ)

コンサルティング期間の中で、上記のフローをPDCAを進めて、サイト集客課題の改善を実施します。

分業するか、全部の工程担当するかは会社の規模とかカルチャーで変わるよ〜

 

 

営業パートは新規営業と既存営業に分かれ、ここは「営業担当(アカウントプランナー)」が担当することもあれば、コンサルタント自身がテレアポから提案まで一人でやることもあります。

分析パートは受注後の案件に対しての提案をコンサルタント自身がやることもあれば、「SEOアナリスト」と呼ばれる分析部隊が担当することもあります。

この運用体制については、企業規模やサービス提供内容によって変わり、得意なサイト領域やSEOコンサルティング費用も企業によって大きく変わります。

※鼻の上の方をつまんでいます。

有名なSEOコンサルティング会社って?転職するなら?

大手だと、博報堂グループのアイレップやサイバーエージェントやオプトフルスピードなどが有名です。

中堅の独立系だとウィルゲート、Speee、ナイル(旧:ヴォラーレ)、ジオコード、ルーシーなど。

その他、少人数精鋭のゴリゴリSEOプロフェッショナル会社や個人でSEOコンサルティングを行なっている個人事業主、Web制作会社でSEOコンサル機能を持った会社など、多様な企業が存在しています。

この辺の名前が出ている会社はとりあえず抑えておきましょう

 

 

中堅以上の会社だと、SEOコンサルティング事業だけでなく、Webメディア事業や広告代理事業、アドテク事業、Web制作事業など、他事業と絡めながら運営している会社が多いです。

「コンテンツマーケティングをワンストップでやります!」ってみんな言ってます。

 

 

SEO会社を選ぶときのポイント

2010年代中旬くらいまでは「ブラックハットSEO」と呼ばれる、王道ではないやり方でSEO対策をして、一時的に成果は出ても、後でペナルティを食らってサイトがダメージを負うという誰も得しないSEOをしている業者も多かったそうですが、↑に出ているような業者は、基本的には信頼できる実績のある「ホワイトハット」なSEOコンサルティング会社と言えそうです。

ブラックハットなSEO会社に入ると、たぶん後悔します…

転職するのであれば、ブラックハットなSEO対策をしている会社ではなく、ホワイトハットな会社にしましょう。

つまり、↑にまとめたSEOコンサルティング会社であれば、ある程度は問題ないのではないかと思います。

※鼻血止まりました

 

とはいえ、業界内の評判とかはしっかり知っておいた方がいいので、転職検討中の方はエージェントを利用して、業界の内部事情や各社の評判を絶対に把握しといたほうがいいと思います。

とりあえず我輩おすすめなエージェント👉転職エージェント ギークリー

SEOコンサルタントの年収・給料っていくらくらいなん?

年収は、会社規模や社内での役職の有無によって大きく変動しそうですが、だいたい以下くらいの印象です。

SEOコンサルタント(役職なし):年収350~550万
SEOコンサルタント(役職あり):年収500~1000万
給料としては、決して安くはない方だと思います。
20代で600万超えも、デキる人なら現実ラインでしょう。

人材紹介系サイトを見ると、MAX1,500万円の求人とかも見つかります。(電通デジタルさんとか)

マジか!とも思いますが、電通さんならゴリゴリ成果出せばリアルにありえそうですね〜。田舎の山とか買えちゃう。

僕も結果的に100万以上年収アップしました。

【第二新卒に贈る】IT・Web業界転職で年収を100万アップさせたポイント

給料自体は悪くない業界ですよー
↑の記事にポイントまとめてます。

SEOコンサルタントに転職したい人に求められるスキルって?

  1. 論理的思考力
  2. 顧客折衝力
  3. Webマーケティング全般に対する知見
  4. 根気、オタクさ

この辺ですかね。

顧客課題とロジカルに向き合い、顧客の意図を汲み取った上で、SEOだけでなく幅広い知見と照らし合わせた上で、根気よくPDCAを回して改善に繋げて売上に貢献する。

これに尽きます。

※また鼻血出てきました。つらっ

SEOコンサルタントのやりがいって?ぶっちゃけ楽しい?

ぶっちゃけめっちゃ楽しいです。しかも、市場価値を上げやすい仕事です。

僕が思うやりがいは以下です。

  1. 様々なビジネスモデルと向き合い、最適なソリューションを捻り出すことで得られる刺激がデカい
  2. 広告費をかけずに、ストック型の資産となる集客を実現でき、予算は少ないけどがんばるクライアントの声を世に届けるサポートができる
  3. Web広告のようにクリックを無理やりさせるのではなく、ユーザーのニーズに答えるような「受け皿」を整える仕事なので、やらしくない。
  4. 業界の動きが早く、最新のトレンドに敏感になることができる→情報収拾能力アップ
  5. 成果が出るときはめちゃくちゃ出て、感謝される(当たり前だけど)
  6. クライアントビジネスだからこその幅広いコネクションが生まれる
  7. どの業態でも必要とされる「ロジカルシンキング力」が身につく
  8. どんな業態でも重宝されるWebのスペシャリストとしての市場価値の高いスキルが身につき、その後のキャリアが開ける
  9. プライベートでWebサイトをやったり、友達とメディアを立ち上げるなど、プライベートでも活きる、”資産となる”能力が身につく

分析系業務は奥が深く、時間がかかることも多いです。

成果が出ていない時に顧客と向き合うのはしんどいです。

それでも、こんなにたくさんのメリットがあり、経験者としてのひいき目を無しにしても、めちゃくちゃオススメの仕事です。

※あ、止まった

でも、なかなかSEOコンサルタントって激務なのでは?

会社や状況によるので、一概には言えませんが、基本的に長く働く職種です。

理由としては、以下のようなものが挙げられます。

  1. 分析業務の奥が深く、効果検証に時間がかかる
  2. クライアントビジネスなので、クライアントの意向によって作業工数が変動する
  3. オタク気質の働くのが好きな人が多い

IT企業あるあるという感じです。

しかし、きちんとした会社であれば、ペナルティ対応に追われて帰れない!なんてことはありませんし、広告代理店のように深夜まで緊急対応に追われるということもほとんど見たことがありません。

初めはは苦労することが多くても、慣れたら定時で帰る社員も多く、案外IT業界の中では働きやすい職種なのではないかと思います。

緊急対応は在籍期間中一回もなかったよ!

SEOコンサルタントって未経験でも転職できるの?

結論、未経験でも転職できます。

IT業界は人材の流動が激しいため、常に人が足りない会社がほとんど。未経験からでも挑戦できる会社も多く存在しています。

また、昨今のコンテンツマーケティングブームにより、業界としてのニーズもあります。

若い会社が多く、門は開けているので、根気さえあればウェルカムなパターンが多いと思います。敷居は高くないと思います。

第二新卒を募集していることも多いですね。

※完全に鼻血止まりました

ベンチャーがほとんどなので、ほぼ第二新卒でも未経験でも行けるんじゃないかと思ってます。でも、業界の内情はエージェントなどからよく聞きましょう。

SEOコンサルタントに向いている人、転職すべき人って?

色々ありますが、こんな人にオススメです。

  1. インターネットが好きで、よく見るサイトやメディアがある人
  2. 人間観察が好きな人
  3. オタク気質があり、物事について深く考えたり調べるのが好きな人
  4. 人の背中を押すような仕事をしたい人
  5. 自分のブログやWebメディアをやっている、あるいは今後少しでもやりたいと思っている人
  6. 将来実家の家業をWebを通じて広めたい人

スキルとは別で、上記のようなタイプの人や、意志を持った人には是非とも勧めたい職業です。

オタク気質のある人には向いてると思う。

SEOコンサルタントのキャリアパスって?

社内でのキャリアパス

  • SEOコンサルタントチームのマネージャー
  • SEOの知識を活かして自社サービスをグロースするチームのメンバー
  • SEOを極めたR&D部門の研究者

このあたりですかね。

基本的には、スペシャリストとして突き抜けるかマネジメントに携わるかのどちらかになると思います。

社外でのキャリアパス

  • SEOスキルを活かして、事業会社に転職
  • SEO以外の広いWebマーケティングを学べる会社に転職
  • SEO知識を活かしてWebサービスを立ち上げて起業
  • SEOコンサルタントとして独立する

周りの友人を見ているとこのあたりのキャリアを歩む人が多いです。

独立も転職も起業も、かなりやりやすい部類の職種だと思います。

個人に箔が付けるためにSEOコンサルティング会社に転職する人も多いですね。

結論:SEOコンサルタントは転職にめっちゃオススメの仕事です。

最後になりましたが、SEOコンサルタントは市場価値の高いスキル・専門性が身につくだけでなく、クライアントの事業を大きくブーストさせることのできるやりがいのある仕事です。

また、意外と転職ハードルも低く、IT業界の中では早く帰りやすい仕事だと思うので、人生におけるコストパフォーマンスは良い仕事だと思います。

経験者が胸を張ってオススメします。

個人的に転職時におすすめのエージェントについては以下にまとめましたので、合わせてどうぞ〜!

【絞った】Webマーケティングへの転職におすすめの人材紹介エージェント3選

 

関連記事:

【体験談】Webディレクターへの転職ってどうなん?仕事内容、年収、必要スキルなど

【体験談】Webメディア編集者への転職ってどうなん?仕事内容、年収、必要スキルなど

関連記事:👆👀【2018】未経験でWebマーケティング業界に転職するならおすすめの職業

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] IT・Web業界転職 Webメディア編集者への転職ってどうなん?体験談から仕事内容、年収、必要スキルなどを紹介 IT・Web業界転職 【絞った】Webマーケティングへの転職におすすめの人材紹介エージェント3選 IT・Web業界転職 【体験談】SEOアナリストへの転職ってどうなん?仕事内容や年収や必要なスキルは? グルメ 渋谷のおすすめ二郎系ラーメン3選!最強の「三銃士」を選んでみた IT・Web業界転職 【志望動機あり】事業会社Webマーケターの僕が第二新卒でSEOコンサルタントに転職した理由 IT・Web業界転職 未経験者がIT・Web業界に転職したい時、人材紹介エージェントと求人サイトどちらがおすすめ? IT・Web業界転職 【楽】IT・Web業界転職に人材紹介エージェント利用をおすすめする5つの理由(メリット・デメリットあり) 思ったこと 【2018年6月18日】大阪の地震発生時に感じたWeb上の情報収集の問題点について IT・Web業界転職 【第二新卒に贈る】IT・Web業界転職で年収を100万アップさせたポイント IT・Web業界転職 【体験談】SEOコンサルタントへの転職ってどう?仕事… […]

  6. […] […]