👐【元業界人が語る】セラピストへの転職ってどうなん?仕事内容やおすすめエージェントも

Webマーケティング転職
スポンサーリンク

どうも、パソコンとにらめっこして夜遅くまで働いて寝て週末を過ごす毎日送ってるウーマンです。つら。もっと人の役に立ってる感のある仕事がしたい…

どうも、ブログの著者です。ファーストキャリアはリラクゼーションセラピストでした。毎日あなたのようながんばる人の首肩腰足などをほぐしてました。

お〜、大変そうだけど、やりがいありそうですね。Excel更新マシーンと化してる私の仕事より…。デスクワークで肩こりもゴリゴリだし…。

簡単な仕事ではないですが、直接的に感謝をされる温度感のある仕事です。しかも健康関連知識や、一生使えるセラピストとしてのスキルが手に入りますよ!

たしかに事務仕事で疲れてる私の転職候補としてはアリかもですね。ちょっとく詳しく聞かせてくださいな!

ういっす!承りました〜!

こんな人のためにまとめてます。

リラクゼーションセラピストやアロマセラピストなどのセラピスト系職業への転職を検討してる人
・人に「ありがとう」と言われる仕事をしたい人
・一生モノの「手に職」系の仕事につきたい人
・将来的に自分のお店を開業したい人

とりあえずセラピストになりたいならチェックしておきたいサイト

王道&求人数たくさん→リクルートエージェント
リクルートより求人は少ないが対応が対応が丁寧&こまやか→マイナビエージェント
女性キャリアへの理解&面接等のサポート充実→パソナキャリア

セラピストの仕事内容って?

セラピストは、ものすごくざっくりと言うと、心身の疲れや不調を解決するためのアプローチをする人です。
アロマセラピストやリラクゼーションセラピストなど、様々なセラピスト系職業がありますが、基本的には「がんばる人がより健康的に生活できるようにするための応援をする仕事」です。
具体的には以下のような職業があります。
リラクゼーションセラピスト
→全身へのリラクゼーションマッサージを通じてお客様を癒やす職業
アロマセラピスト
→アロマオイルを用いてお客様をリラックスさせる職業

リフレクソロジスト

→リフレクソロジー(足裏の反射区を刺激する施術)を通じてお客様を健康に導く仕事

 

その他フード系セラピストやフラワーセラピストなど、様々なセラピストがありますが、日本で「セラピスト」と聴いた時は、一般的には上記のような身体を癒やすリラクゼーション系のセラピストのことを指すことが多いです。

セラピストへの転職はこんな人におすすめ

  • 人にありがとうと言われる、温度感のある仕事をしたい人
  • 将来的に自分のリラクゼーションサロンを開業したい人
  • 身体や心身の健康に関連した仕事をしたい人
  • 一生使えるスキルを身に着けたい人

僕はセラピストの会社で数多くのセラピスト仲間として働いてきたのですが、セラピストを志したきっかけとして多かったのは「人の役に立ちたい」という志望動機で転職した人が多かったです。

システムエンジニアや、経営者、事務員、様々な職種からの転職がありましたが、「人に対面で感謝をされる仕事をしたくて思い切って転職した」という話をたくさん聞きました。

アロマセラピストやリラクゼーションセラピストはものすごく稼げる仕事というわけではありません。
しかし、温度感のない「作業」でお金をなんとなく稼ぐのではなく、給料は多少低くてもきちんと責任のある、お客様の笑顔を産む仕事をしたい!という理由から、同僚は本気で仕事に向き合うホスピタリティある人ばかりでした。

反対に言えば、自分がお金を稼ぐんや!というモチベーション第一で働きたい人にはあまり向かない職業であるとも言えます。体力勝負の立ち仕事かつ多くのリラクゼーションサロンが歩合制(出来高制)であるため、覚悟も必要な職業です。

セラピストに転職して得られるスキル

  • プライベートでも使える、リラクゼーションマッサージ、アロママッサージ等の手技スキル
  • 最長2~3時間もの間お客様を施術し、リピートに繋げる超高度な接遇コミュニケーション能力
  • 健康増進のための幅広い知識
  • 開業したい人には不可欠な店舗マーケティングの知識

単なる手技だけではなく、1対1で長時間人と心身のコミュニケーションをとるコミュニケーション能力が大きく磨かれる職業です。

セラピストって資格はいるの?未経験でも転職できるん?

柔道整復師や鍼灸師などと違い、セラピスト系職業は基本的に資格はいりません。

未経験でも転職してデビューできます。

セラピストデビューまでの流れは以下。

 

入社試験を受ける→合格する&転職→1~2ヶ月程度の研修を受ける→店舗デビュー

 

めちゃんこシンプルです。

研修期間が終わった後も、美容師等と同じように、継続した鍛錬が必要になります。
身体を扱う仕事なので、責任を持って手技と知識と接遇のスキルを磨きましょう。
アロマセラピストやリラクゼーションセラピストなどのセラピストの種類については会社ごとに変わります。

セラピストへの転職にはエージェント利用がおすすめ

セラピストは心身の健康を扱う仕事。

美容師は失敗しても髪が伸びたらまた切り直せばいいですが、セラピストは失敗するとお客様を怪我や揉み返しなどにつなげてしまうリスクがあります。
きちんとした研修制度がなかったり、教育レベルが低い会社に入ってしまうと、研修1週間でお客様を相手にするようなお店があると聞いたことがあります。

 

ですから、教育制度給与体系などについてしっかりと把握した上で自分にマッチしたサロンを選ぶ必要があります。

自分でネット上で情報収集したり、求人サイトからコツコツと求人を探すのもいいですが、エージェントを使うと以下のようなメリットがあります。

  • セラピスト業界に詳しいエージェントが転職への段取りを整えてくれる
  • 給与交渉や面接対策などをエージェントが手厚くサポートしてくれる
  • 異業種や未経験の転職にも強い
  • 自分の将来のキャリアプランをコンサルティングしてくれる

 

上記のようなメリットがあります。
エージェントは1社のみだとマッチしなかった場合、諸々の調整に工数がかかって時間の無駄なので、比較する用で最低でも2社程度は登録することをおすすめします。

それでは、セラピストへの転職におすすめのエージェントをご紹介します。

セラピスト転職におすすめのエージェント①リクルートエージェント

 

リクルートエージェントは業界最大規模の求人数を誇るエージェント。さすがのリクルートです。
求人数は圧倒的ですが、口コミを見ると「機械的に案件を紹介された」のような意見もあるようです。

就活の時同様、とりあえず登録しといていいエージェントだと思います。

セラピスト転職におすすめのエージェント②マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1のマイナビエージェント。
求人数はリクルートよりは劣りますが、その分、対応が丁寧という口コミをよく見かけます。

はじめての転職や、慎重に転職したい!という人におすすめのエージェントといえるでしょう。

セラピスト転職におすすめのエージェント③パソナキャリア

求人数はリクルートエージェントの1/3程度ですが、パソナキャリアは女性の転職に強いという特徴があります。

「求人数が少ない」とは言っても、38000件以上の求人が少なくとも存在している上に、各業界ごとの専任アドバイザーがいるため、「あの会社はブラックだ」のような業界の内情に詳しいと言えるでしょう。

個人的には最もおすすめです。

セラピスト転職におすすめの会社 Re.Ra.Ku

エージェントではありませんが、いろんな企業がある中で「業界経験を経て1社おすすめを教えて!」と言われたら、個人的におすすめしたいのが「Re.Ra.Ku」です。
理由としては、以下です。
  • 教育制度が充実している(入店後も無料で研修に出られる)
  • 国内のリラクゼーションの大会で多く賞を受賞する実力派グループ
  • 多くのサロンと違い、歩合制の業務委託ではなく施術に入らなくても給料が入るので安定している
  • 関東エリアNo.1の出店数

以上のような理由から、おすすめします。

0円でセラピストの資格を取ろう!【Re.Ra.Ku】

コメント